AGAクリニック

AGA治療を始める前は

薄毛

僕が薄毛に気づいたのは、19歳か20歳の頃です。
ずいぶん早いですよね。

 

それまでは髪の毛の悩みは全くなく、まさか自分がハゲるとは思ってもいませんでした。

 

まさに、晴天の霹靂!!

 

大学生になった頃は全く薄毛ではなく、髪のことを気にしたことはありませんでした。

 

ですが、部活や遊びに忙しく過ごしていて、生活も不規則になったり
あとはちょっとした悩みがあってそれが常にストレスになっていた(ハゲの悩みじゃない)
ことが、直接の原因かな、と思います。

 

薬の副作用とか、そういうこともありません。

 

精神的なストレスと偏った栄養・・・これだけで十分ハゲになるんですねorz

 

一度薄いな、と気づいたら、いつも薄毛が気になってくるようになります。
そのころは、髪を洗って抜けたりしてもヒヤヒヤしていました。

 

何もしないのに、段々髪は薄くなる一方で暗澹たる気持ちに。
少しくらいなら気になりませんが、目に見えて進行していくのはツライです。

 

こんなに薄かった!

薄毛

自分の髪が薄いというのはできれば見たくないもので、ほとんど写真が残っていません。

これは、家族が写した写真です。

 

シャンプーを変えたり、育毛剤を買ったりしたので、効果があるか変化を見たいということで撮りました。

 

まぁ、自分で見てもびっくりするくらい薄いですね。
薄いのは頭頂部だけでなく、額の生え際もかなり後退ていました。いわゆる、M字ハゲです。

 

頭頂部だけじゃなく生え際もという、20歳前後にしては中年みたいな禿げ方をしていました。

 

シャンプーや育毛剤について

うーま

高校生の頃まではシャンプーなどはあまり気にせず、家にあるものを使っていました。

 

ただ、母親がシャンプーにはうるさかったので、添加物や香料の多いものは使っていませんでした。

 

自分が薄くなってきて、親があれこれ探して、馬油が良さそうだということで「ウーマシャンプー」をしばらく使いました。匂いもないし、頭皮を保湿するということなので使っていました。

 

シャンプーもいいと思ったもの、たくさん試しましたね。
おかげでシャンプーを見る目もついた気がします。

 

でも、ぶっちゃけ、シャンプーだけで髪が生えたら苦労することはないですね。
僕も髪の毛が増えるということはありませんでした。

 

でも、頭皮や髪にいいものを使うのは薄毛を進行させないためにも大事ですよね。
そういうわけで、この頃からシャンプーの品質にも気を使うようになりました。

 

 

一向に進行が止まらないので・・・

育毛剤を5種類くらい試したり、シャンプーに気を使ったりしても、薄毛は僕をあざ笑うかのように進行していきました。

 

明らかに薄い、と気づいてから進行するのは早かった気がします。2、3ヶ月前とは髪の量が明らかに違うのがわかりましたね。

 

そんなわけで、急激な抜け毛には育毛剤では対抗しきれないと思い、AGA治療をはじめることにしました。
苦肉の策というか、最後の手段という感じです。